建築設備CADの決定版!
施工図面の3次元化によって、現場の進捗がスムーズになります!

設計図面は勿論ですが施工図面でも3次元化することで施工者との打合せの回数やトラブルが格段に減少し、さらには工期の短縮にも貢献いたします。
2次元CADの利用がまだ多い今日ですが、3次元CADには抵抗がある方も多いようです。
しかし、ソフトウェアが進化し非常に簡単な操作で、あっという間に3次元の図面を作成することができるようになりました。分かり易く見栄えのするCGも簡単に作ることが出来ますので、今までの用途を格段に幅広く超えてご利用いただくことができます。

~レブロの5つの特徴~

1.3Dのモデルデータ

一つのモデルデータから平面図や断面図、詳細図、衛星図面、空調図面、スリーブ図などの各種図面を用途に応じて生成することができます。
各図面データは、CGも併せて常に連動するため一つの図面に対して行われた修正は関連する図面にもリアルタイムに反映します。

2.高精度な図面

レブロの3Dモデルは平面・断面の整合性を常に確保し、配管の勾配処理もリアルに再現します。
平面から高さの情報を入力できますので、負荷を感じることなくスムーズに3D作図が行えます。

3.直観的な操作性

ハンドル機能により、コマンドを起動することなく作図・編集を実行することができます。
コンテキストメニュー(右クリックメニュー)により、指定したデータに対して編集可能なコマンドを選択することができます。
レブロの直感的な操作は、短期間でのCAD操作の習得を実現します。

4.マルチコア・64ビット対応

大型物件も取り扱えるようにマルチコアプロセッシングおよび64ビットOSに対応。
BIM案件などの大容量建築IFCデータでも安心してレブロに取り込み、設備データを入力することができます。

5.BIMへの対応

レブロのモデルデータは精度が高く、BIMの現場で実稼働しています。
フロアレベルを指定しての配管・ダクトなどのルーティングに対応。
部材や機器の属性情報の編集やメンテナンスも容易に行えます。

代表的な特徴をムービーでご紹介いたします!

レブロの特徴をご紹介いたします


一つの3Dモデルデータから平面図や断面図、詳細図、衛生図面、空調図面、スリーブ図などの各種図面を必要に応じて切り出すことができます。

画面構成や基本操作をご紹介いたします


レブロの画面まわりの説明やハンドル、プロパティなどの機能をご覧いただけます。


ハンドル機能によりコマンドを起動することなくダイレクトに編集が可能です。
移動や回転、ルート作図、図形の変形などもハンドルをクリックするだけで簡単に編集ができます。


アラウンドビューは図面の一部を取り出して、あらゆる方向から編集ができる作図補助ツールです。
平面図で重なって表示される部材をアラウンドビューに取り出して、断面方向から編集することができます。 また、アラウンドビューに表示された画面を画像としてコピーができますので、図面上やWordやExcelにも貼り付けることもできます。

空調・衛生・電気の配管作図をご紹介いたします


トイレ廻りの配管作図の例をご覧いただけます。


1/100などの勾配値や2点間の高さを指定して流れ方向を確認しながら勾配をかけることができます。
全体や一部分の指定や勾配を取りながらの作図も可能です。
勾配配管の編集にも対応していますので勾配値を維持しながら図面が修正できます。


ルートの単線/複線変更は部分ごとに選択が可能です。
仮に平面全体図は単線表示、詳細図は複線表示とした場合もデータは同一なため編集結果は常に連動します。
また、2管式、3管式の冷媒を単線、複線の両方で作図することも可能です。


配管やダクトは、流量や風量を設定し最適なサイズを自動計算することができます。
ダクトはアスペクト比/幅一定/厚み一定などきめ細かな設定が可能で、図面上で風速や流速を確認することもできます。




ダクト圧力損失計算、配管抵抗計算が可能になりました。
画面に常時表示が可能なシミュレーションパネルを追加しルートを編集するとリアルタイムで計算結果が確認できます。
機器の抵抗やダクト局部の抵抗係数もパネル上で簡単に変更することができ変更後も計算結果が連動します。
末端に風量、流量を設定すると合流部は自動合算されますので部材ごとに設定する必要はありません。
また、複数の系統に対して計算ができますので、ルートごとの計算結果の比較検討が容易に行えます。
計算結果は国土交通省の建築設備設計基準に基づいて、Excelファイルで帳票出力することができます。


ダクトの接続端部2点を指定しエルボ、ホッパー、S管の配置ができます。


シンボルとしてJECAの照明、スイッチなどを用意しています。


定尺編集機能で管割りをすることができパッキンを挿入することが可能です。
管割り後にナンバリングをし配管加工集計表などの各種帳票を出力することができます。

建築データの作図やメーカー提供CADデータを部材として登録できます


建築図作成の例をご覧いただけます。


メーカーから提供されているCADデータ(DWG、DXF)などをユーザー部材として登録できます。
3D図形を組み合わせて任意形状の部材を作成することもできます。
また、レブロホームページには3Dの部材データを随時アップしていますのでダウンロードしてご利用ください。

導入事例

▶▶レブロを導入した決め手は

▶▶計測~現況図作成を75%省力化!レブロ連携によるリニューアル現場革命
点群処理×設備CAD連携への挑戦

▶▶レブロの活用で「見える化」を推進

▶▶構造部材との干渉を避けた設備設計を実現

▶▶事前の数量計算と専門工事会社の積算がほぼ一致

▶▶初めて触れたレブロの大きな導入効果

▶▶2D/3D、BIMも3次元で取り合いを検討

Rebro(レブロ)についてお問い合わせは

025-526-0731メールフォーム

お気軽にお問い合わせください。



【注意】
本ページに記載されています写真などのコンテンツは、株式会社NYKシステムズ様が所有する著作物を許可を頂いて掲載しておりますので、転載などは堅くお断りいたします。